実は奥が深い袋の世界|ビニール袋、ポリ袋、OPP袋の違いとは

女性

オリジナルの手提げ袋

鞄

飲食店や業者の商品を購入した際に、店名や会社名が印刷された手提げ袋に入れて商品を渡されることが当たり前になっています。また一般でも、例えば結婚式のプチギフトなど、大勢のゲストに贈り物をする場合など、プレゼントを入れる手提げ袋に、オリジナルの印刷が施されていたら、より記憶に残る印象的なプレゼントになるでしょう。もちろん、大切ななものは袋の中身ですが、それを包む外側にまでこだわりや配慮を持つことで、贈り手の気持ちが何倍にもなって伝わるのです。
そんな手提げ袋の印刷をオリジナルでオーダーするときに気をつけたいこととは何でしょうか。デザインを優先させていくと、当然予算は高くなります。また、発注する枚数によっても1枚当たりの単価は変化します。こだわりを重ねていくと、プレゼントの中身よりも高い予算になってしまうこともあるので注意が必要です。フルオーダーでは、手提げ袋の素材やサイズ、カラー、印刷方法を自由にできますが、予算は上がります。元々ある既成品に加工を行うセミオーダーは、比較的予算を抑えながらも、好みの手提げ袋を発注することができます。既成品に印刷するだけのスタイルでも、少ない予算で効果的な手提げ袋を作ることができます。提げ紐の種類を変えたりするだけで、見た目の印象は変わらずに、コスト削減に繋げることも可能です。業者に見積りを出し、デザインを決めた後でも、様々な工夫次第で予算を下げることもできます。比較検討しながら、オリジナルの手提げ袋を作りましょう。