実は奥が深い袋の世界|ビニール袋、ポリ袋、OPP袋の違いとは

女性

チラシの効果

フライヤー

イベントの開催や、店舗のオープン、新しいサービスの案内など、さまざまな情報をチラシ印刷によって知る機会が多いと思います。チラシはポストに入っていたり、街中で配っていたりと、日常的にとても身近な存在であるといえます。さまざまな情報を広く知ったり、告知したりする際に有効的なチラシ印刷について、少し考えてみましょう。最近はSNSを始めとして、インターネットを使って告知する方法も盛んに行われています。しかし依然として、実際に目に触れて手に取ることができるチラシの力は大きなもので、まだまだ主流となっています。
実際にチラシ印刷を行う場合はどうでしょうか。自宅やオフィスのプリンターを使ったチラシ印刷をすることもできますが、大量に、スピーディーに、そしてコストをより下げるためにも、業者に発注する方法が便利で良いでしょう。インターネットでも手軽に発注から納品までを簡単に行うことができます。まずは、用紙サイズを選びます。ポストカードサイズや、A4など一般的なものから、変形サイズまで多種ありますので、用途に応じた用紙を選びましょう。次に色を選びます。片面、両面、モノクロ、カラーを選択します。また、紙の種類もさまざまです。耐久性がある紙、発色に優れた紙など、チラシのデザインとのバランスを考えながら、紙の素材にもこだわって用紙を選ぶことができます。さらに用紙の厚さを指定します。一般的なチラシ印刷に向いた厚さは55kg~73kgの間といえるでしょう。また、オプションなどもあり、折り加工を選ぶことで、施設の案内などに最適な折りパンフレットにすることができます。いずれの場合も発注枚数によって単価は下がりますので、活用してみましょう。